Page: 1/2   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
11月2日、クランクインしました。


いよいよ十一月二日、長野県飯島町にてクランクインしました。初日は、主人公半次の少年時代を演じる高橋平君と祖父半造役の井川比佐志さんが出演されました。
この日は、飯島町に作られたロケセット「半次の家」で撮影が行われました。家の中では半造がろくろをまわす場面を、そして、半次少年が農村歌舞伎を観るために、家から神社まで駆け出すシーンなどが撮影されました。
また、三日に撮影が行われた清内路村のシーンでは、劇中重要な役割を果たす「湛えの木」でロケが行われ、紅葉が始まった自然一杯の風景の中、監督の指示やキャストのセリフが飛び交いました。
後藤監督の演出のもと、スタッフやキャストは一丸となって撮影に臨んでいます。
今月二十四日まで撮影が予定されています。
| beautyweb | 21:49 | - | - |
孝太郎丈初日


早暁、中川村の東、陣馬形山の林道でロケが始まりました。
撮入四日目の今日、主演の片岡孝太郎さんの初日を迎えます。
この日は、主役の半次がシベリア抑留を経て帰還した半次が、懐かしい故郷に帰ってくると丈の峠道のシーンが撮影されました。
いきなり過酷なシベリア生活後のシーンでしたが、気合いの入ったメイクで一層、孝太郎さんの帰還兵姿が真に迫っています。
そして、撮影の合間にも孝太郎さんは持ち前の明るいユーモリストぶりで現場を和ませていました。

| beautyweb | 23:40 | - | - |
麻生さん初日
いよいよ、ヒロイン麻生久美子さんの初日を迎えました。
彼女がロケ地の半次の家に現れると、雰囲気が一変して華やぎます。
スタッフにも気安く声をかけてくれる麻生さん。張りつめた現場の空気も、和やかになります。
ちなみに、今日は戦後の混乱期、シベリアから帰還した半次と偶然の再会を果たす歌子のシーン。リアリティーあふれる二人の芸達者ぶりに、スタッフたちの士気も高まります。
| beautyweb | 23:53 | - | - |
エキストラ参加者500人!


前々から準備をしていたエキストラ500人での村歌舞伎シーン撮影。
近くの小学校の体育館で衣装やメイクのセットアップ。ごった返す人だかり。
この日は、応援部隊も大量動員して、スタッフも普段の倍以上の人数になりましたが、それでも猫の手を借りたいほどの忙しさでした。
ともあれ、予定していた撮影はすべて終了し、この日、映画『Beauty』の秋ロケは無事終了しました。


みなさん、本当にお疲れさまでした!!!

| beautyweb | 23:08 | - | - |
半次、雪夫、歌子、の少年時代を演じています!
今日は映画「Beauty」の子役の三人を紹介します!

半次★高橋平くん
半次の少年時代
まずは主演半次(片岡孝太郎)の少年時代を演じる高橋平くん。
リリシズムのある顔がとっても印象的です。普段はポケモン大好きな小学生です。

雪夫★大島空くん
雪夫の少年時代
次は雪夫(片岡愛之助)の少年時代を演じる大島空良くん。
なんと彼は地元で行ったオーディションでその演技力を買われ大抜擢!!

歌子★兼尾瑞穂ちゃん
歌子の少女時代
最後は歌子(麻生久美子)の少女時代を演じた兼尾瑞穂ちゃん。
歌子のませた性格を完璧に演じてみせてくれました。将来がとても期待できる子です。
| beautyweb | 17:00 | - | - |